辞典– MEMES –

アキロゼに関連する用語や語録の他、配信を見るための助けとなるゲーム用語についてもまとめています。
ぼちぼちと追記していく予定です。
追加してほしい言葉があればご意見箱までお寄せください。

目次

アキロゼ辞典

ARK

恐竜が闊歩する世界を舞台としたサバイバルゲーム「ARK: Survival Evolved」
アキロゼの代名詞と言えるほど中心的なコンテンツのひとつとして配信されてきた。
ARK内で爆誕したキャラクターのムキロゼが数々の伝説を残している舞台。

関連:ムキロゼ

アイク

最先端技術AI搭載自由変形アクセサライズエクステーションの略称。
アキロゼのいた世界のドワーフ国の技術で作られた装飾品。AIが搭載され自律して動くことができ、形を変えたり、浮かんだりすることができる。
アキロゼは自立浮遊するツインテール型のアイクやパタパタ動くヘッドデバイス型のアイクなどをよく身に着けている。

関連:浮いてーるツインテール、パタパタセンサー

アキロゼ

アキ・ローゼンタールの愛称。
名前が長いこともあって、自身でもこの愛称を使う。また、エゴサでも「アキ」のみでは無関係のものが多く引っかかるため、エゴサワードとしても「アキロゼ」が使われる。
エゴサ避けでアキロゼを使わなかった場合でも瞬時に捕捉されてしまうことがあるとかないとか…

アップルソーダ

アキロゼとときのそら、二人の配信ハッシュタグ名。

二人での初コラボ配信で二人のハッシュタグを決定。
日本語向けに#アキそら、英語向けに#AppleSodaとしたが、その後しばらくは使われる機会がなかった。
久しぶりのコラボ配信でコメントによってタグの存在を思い出したが、少し変化し#アップルソーダとなった。

アベレーション

ARK用語

ARKのマップのひとつ。
アキロゼが初めて本格的にARKをプレイしたマップであり、生まれ育った故郷のような場所で、自身のお気に入りマップにあげている。
複数の層に分かれた構造で、飛行生物は使えず、中層以降は光源がないと敵が湧いたり、下層では放射能エリアが存在したりとかなり特徴的なマップとなっている。

あらあら

アキロゼがよく使う言葉。
おねえさんムーブのアキロゼが、余裕を見せる時や、バッドボーイなロゼ隊に対する時などに色っぽく口にする。

アローナ

こんにちは、Helloのような初めの挨拶の言葉。配信開始時の挨拶

あんぽんたん姉妹・あんぽんたんシスターズ

アキロゼ、ロボ子さん、姫森ルーナの3人のユニット名。

あん担当(長女):アキロゼ
ぽん担当(次女):ロボ子さん
たん担当(三女):姫森ルーナ

イキリンゴ

サングラスをかけてイキっているリンゴのキャラクター。
メンバーシップ特典の新規期間の継続バッジになっている。

一旦ね

スト鯖・VCR ARKでらいじんカンパニーの仲間たちと共同で拠点を構えていたアキロゼは、荷物を仕分けされたストレージに整理して仕舞わず、「一旦ね」と言い訳をしながらいくつもの共用ストレージをゴミ箱化していった。
「一旦ね」を付ければ何でもまかり通ると味をしめたアキロゼは事あるごとに「一旦ね」を乱用。終いにはらいじんカンパニー内お決まりの文句となり、タレット弾100万発作成も「一旦ね」で済ますカオスな職場と化した。
期間中にメンバー限定スタンプ「一旦ね」が追加された。

なお、同じスト鯖ARKに参加している癒月ちょこ曰く「アキちゃんの一旦は一旦じゃない」との言。

ヴァ…

ARKのマップのひとつであるフィヨルドで主な舞台となるミッドガルドは幾つかの大きな島からなっており、それぞれ「ヴァーディランド」「ヴァナランド」「バルヘイム」と名前が付いている。
名前の似通った地名に迷子エルフのアキロゼが迷わないわけはなく、行先に迷ったアキロゼは「ヴァ…」と呟きながらチャット欄に助けを求めるが、訓練されたロゼ隊達は皆「ヴァ…」と応え、地名の先を口にすることなく、オロオロとするアキロゼを見て楽しむのが一つの風物詩である。

浮いてーるツインテール

通常衣装のアキロゼが身に着けている宙に浮かぶツインテール型のアイク。
アイクの髪型はツインドリルやお団子テールなど衣装によって変形する。

関連 アイク

エンジェルヘブン

アキロゼと大空スバルのユニット名。
二人の初コラボにおいて初期スバルによって生み出されたある意味黒歴史。5年後のコラボ配信の終了間際、突然アキロゼによって掘り起こされるという爆弾が投下された。

おつたーる

おつかれさまの挨拶

関連 今日も1日おつたーる!

おはえんたーる

おはようの挨拶

おまた千手観音

「おまたせ」と「千手観音」を合わせたダジャレ。
配信開始ツイートの決まり文句となっている。
卑猥な意味はない…よね?

おやすみんたーる

おやすみの挨拶

ガロンがよぉ・〇〇がよぉ

スプラトゥーン3の配信において、アキロゼがウデマエS+を目指していた頃、対面で圧倒的な強さを誇っていた武器「.52ガロン」は射程や連射力もそこそこありながら2確(2発で倒しきる)の威力も相まって、非常に人気の武器であった。それゆえガロンを使う者も多く、ランクアップを目指すアキロゼを阻む存在として、自然とガロン使いが目立つ格好となった。
ガロンの圧倒的なキルタイムを前に、アキロゼは気づく前に倒されることもしばしば起こり、ライバル心から思わず「ガロンがよぉ」とこぼすのが口癖となっていた。
以降、ガロン以外でも理不尽や厄介な相手に対し「〇〇がよぉ」はお決まりのフレーズとして使われる。

ガンギマリツナマヨ

クレープ屋さんでのバイト経験を持つアキロゼだが、ついには自宅に業務用のクレープの焼き台を購入するまでに。自宅で本格的なクレープを作れるようになったアキロゼは、ホロメンを招きクレープを作って食べるオフコラボを開催した。
中でもアキロゼお手製ツナマヨ入りのクレープは好評で、ツナマヨ入りクレープを食べた大空スバルはその後、無性にアキロゼのツナマヨが食べたくなる症状におそわれた。アキロゼのクレープが食べたいとたまらなくなり、決まって喉が渇くことから、何かヤバいものが入っているんじゃないかと疑われるほどで、禁断症状のごとくクレープを懇願し続ける大空スバルの様子を受けて、ガンギマリツナマヨと呼ばれるようになった。

今日も1日おつたーる!

伊豆にあるクラフトビール醸造所「反射炉ビヤ」さんとのコラボで実現したアキロゼのオリジナルビール。
アキロゼ自ら制作に関わり造られ、名前の通り毎日頑張る自分へのご褒美となるようにと想いが込められている。

経験値ショッピング

スプラトゥーン3の配信でランクポイントをお金に例え、借金生活を送っていたアキロゼが、戦いに敗れポイントを失った際、代わりに経験を積んでいるとポジティブに捉えて、その過程を経験値ショッピングと呼んだ。経験を積み上達していったアキロゼは見事に借金返済を果たした。

これがARK

過酷なゲームであるARKでは、装備品やテイムした恐竜を全て失う「全ロス」がしばしば起きる。
ARKの洗礼を受けたプレイヤーへ、世の中の厳しさ、無常を説く時に贈られる言葉「これがARK」。

応用:「これがRUST」

サマーローズ

アキロゼと夏色まつりとのユニット名。

シーベ

シートベルトのこと。

そんな言葉まで略すの?初めて聞いたと言われるほど独特な略し言葉を使うアキロゼ。特に語感のいい略語を好んで使うようで、VCR GTAでは車に乗り込むたびに「シーベした?シーベ」と話すことから、ネオポリスメンバーでも次第に「シーベ」が使われるようになった。
エクス・アルビオは、自分が変な略語を使うようになったのは絶対ボスの影響だと語っている。

ジョブズ

アキロゼのマスコットキャラクターの名前。
黄色いリンゴにアキロゼの浮いてーるツインテールとヘッドデバイスを身に着けた鳥のような見た目をしている。
白上フブキの作。
Twitter

人生はんみょうむ・人生半妙夢

アキロゼが配信で寝落ちをした時につぶやいた寝言。特に意味はない。
仏教用語かのような何か奥深いものを感じさせる響き、その語感の良さから、皆に擦られ愛され、後にホロぐらにて寝落ち含めてネタにされた。
Twitter

心配ない。じきに晴れる。

ムキロゼの決め台詞。
ARKで霧が濃くなると「霧が濃くなってきたな。心配ない。じきに晴れる。」とメッセージが流れる。

関連 ムキロゼ、やあ

スイミー事件

2022年に開催されたホロライブ全体ライブ3rd fesの最後の曲「Prism Melody」.では、ホロメン全員がライブTシャツ姿で歌唱する演出がなされた。
Tシャツの色は白と黒の2色あり、DAY1ではおおよそ半々の割合であったが、DAY2では15人中14人が白いTシャツを着用、ただ一人アキロゼだけが黒Tシャツという衝撃の事態が起きた。
Tシャツの色はホロメン自身が事前に選択する形で全くのミラクルであったらしい。
各ホロメンの振り返り配信でもアキロゼのTシャツは話題にされ、「オイシイ思い」をしたアキロゼは2023年ライブでも狙っていたようだが、再現には至らなかった。

スコーチドアース

ARK用語

ARKのマップのひとつ。
ARKは恐竜のテイムや建築に目が向きがちだが、ゲームの世界観やストーリーも興味深い。世界に散らばった記録を探して読み解いていくことで初めて物語を知ることができる。
アキロゼはそういったARKの世界観にも強く魅力を感じており、特にスコーチドアースの物語はお気に入りと語っている。

スッ スッ ス

アキロゼがよく使う言葉。
「ささっと」のようにスムーズに場面展開したい時や、「そろりそろり」と物事を慎重に進めたい時などにつぶやくが、スムーズにいかない事もしばしば。

スト鯖ARK

ストリーマー(配信者)を集めて開催される招待制のARKサーバーのこと。
VAULTROOMとCrazy Raccoonの主催で行われたスト鯖ARK「VCR ARK」(第2回)にアキロゼも参戦。VCR ARKは大きな反響を集めた。

そしタラバガニ

「そうしたら」と「タラバガニ」を掛けたおやじギャグ。
「やっちまったピーナッツ」が浸透したとみるや「そしタラバガニ」も流行らせようと画策するが、「やっちまったピーナッツ」ほどの使い勝手はなく、ウケは今一つのようだ。
アキロゼはダジャレやおやじギャグの類が好きなようで、他には「まかセロリ」や「タスカルラスカル」なども聞かれる。

関連 おまた千手観音、やっちまったピーナッツ

タルせん

アキロゼの呼び名のひとつ

アキロゼのクレープ屋さんコラボに酒呑み組の白銀ノエル、雪花ラミィが招待された回にて、アキロゼの新しい呼び名を考えることに。会話はアルコールが入っていないにも関わらず終始居酒屋のオヤジトークが繰り広げられる。名であるアキからの愛称はよくあるが、姓であるローゼンタールからの愛称は少ないことで姓をもじりタル先輩→タルせん呼びが生まれた。

タルタル

アキロゼの呼び名のひとつ。アキロゼのサブアカウント名。

アキロゼがTwitterのサブアカウントを開設する際、名前をどうするか悩んだ末、タルせんを参考にタルタルと名付けた。
その後、宝鍾マリンとのスプラ大会練習コラボの中でアキロゼの呼び名の話題となり、お互いの距離を縮めたいとマリンからの先輩呼びを変えることに。アキロゼがサブ垢でタルタルの名前を使い始めたことを聞いて、マリンからの呼び名にもタルタルが採用された。

チャットで笑いを表現する際、ネットスラングの「草」を生やすことが多いが、アキロゼチャンネルでは代わりに「蔦」が生やされる。
モンスターハンターの配信で、蔦を渡るのに苦労したことに由来する。

なお化学カードゲームの話をしていたアキロゼが、タングステンの元素記号「W」を回答したリスナーのコメントをネットスラングの「w(草)」と勘違いしたことから、「wが生える」ことを「タングステン生える」と言われたりもする。

テイムする

ARK用語

ARKでは恐竜を捕獲して飼いならすことを指すが、ムキロゼの場合、罠を使わないムキロゼ式テイムや、時にはゲーム地形をテイムするなど規格外にテイムする様子から、相手を「わからせる」場合にも広く用いられる。

例 「ホロファイターで対戦相手をテイムする」「中層をテイムする」

トワイローズ

常闇トワ、風真いろは、アキロゼ3人のユニット名・ハッシュタグ

ARKフィヨルドのドラゴン戦で一度敗北し、全ロスをしたムキロゼを助けるべく、常闇トワが立ち上がりフィヨルドで大躍進。そして風真いろはも常闇トワに弟子入りし、3人で見事ドラゴン戦リベンジ&フェンリル撃破を果たした。常闇トワと風真いろはのコンビハッシュタグを羨ましがっていたアキロゼが、この3人での名前を熱望。途中アキロゼがメンヘラになりながらもトワイローズに決定した。

にもパン

荷物パンパンの略。
整理整頓が苦手なアキロゼはいつも荷物がパンパン!
マイクラでは「にもパン」でアイテムが拾えず、ARKでは手当たり次第にアイテムが放り込まれた恐竜や作業台は「ごみ箱」と呼ばれている。
自身のかばんでも同様らしく、紛失したクレジットカードがポケットティッシュの中から出てきた逸話がある。

ネオかたつむり

根黄蜻蛉のアキロゼ読み。
漢字の読みを制限時間内に答えるゲーム「漢字でGO!」にて、アキロゼは根黄蜻蛉をネオかたつむりと読んだ。あまりに衝撃な回答から、その後様々なファンアートまで生み出されてしまった。
なお正しくはネキトンボと読む。念のため。

ネオポリス・NEOPOLICE

スト鯖イベント「VCR GTA2」に参加したアキロゼが、GTA内で出会った仲間たちと作ったギャング。
腐敗した警察を一掃し、世の中を正す新たな警察組織として「思想強め」に誕生したが、その実は行く先々でPONやコントが巻き起こる、笑いの絶えないギャング集団。仲間想いの心優しいメンバーが集まり、固い信頼関係で結ばれたネオポリスは、実戦ではその強い団結力によって大型犯罪のパシフィック銀行襲撃をサーバー内初成功、カジノヘイスト単独成功と強さを見せつけた。

メンバー:アキロゼ(ボス)、エクス・アルビオ、白雪レイド、日ノ隈らん、渋谷ハル、ととみっくす、MOTHER3、秋雪こはく、猫汰つな、赤髪のとも

NO Nose・鼻どこ

アキロゼの鼻が見つからない見えにくいために、鼻や匂いの話題の時に鼻を探すのがお決まりのイジリとなっている。

パタパタセンサー

アキロゼが頭につけているヘッドデバイス型アイクの中でも、通常衣装時に身につけている三角の羽根のようなものがついたアイクを特にパタパタセンサーと呼んでいる。
アキロゼの感情が高まると三角部分がパタパタと動くことからこう呼ばれる。
髪の毛からは浮かんで付いているらしい。

関連 アイク

バチコン

アキロゼが配信のED前にバチコンの掛け声と共にウインクをするのが恒例となっている。

詳しくは「バチコン☆くりっぷすメモ」へ

ムキロゼ

アキロゼがARKで作ったの自キャラの名前。
金髪で口ひげを生やした壮年男性。長身で体つきは筋骨隆々でムキムキしている。ココ会長から贈られたモザイクパンツをトレードマークとして愛用していたが、シャイなYouTube君に配慮して、現在はアロハシャツを愛用している。
拳で恐竜をテイムしたり、時にはゲームの地形までテイムするなど数々の伝説を残している。
その人気ぶりから、ファンゲームのHoloCureやIdolShowdownにも登場、アキタケマスターによる設定画まで存在し、アキロゼのもうひとつの存在として定着している。

ムキ・ローゼンアーク

ムキロゼの本名

スト鯖ARKの期間、アキロゼは現実世界よりARKで過ごす時間の方が多くなり、ARKに囚われ名前も性別も時間もARKに売ってしまったとして、癒月ちょこから本名「ムキ・ローゼンアーク」が申し渡された。
なおモロライブ所属である。

麦ジュース

麦が原料のアルコール入り飲料。要するにビール。
アキロゼの大好物であり、ビール好きが高じてオリジナルビールの発売もされた。
アキロゼの配信では、最初に乾杯をするのが恒例となっている。乾杯は麦ジュースでもお茶でも水でも空気でもなんでもよい。

関連 今日も1日おつたーる!

むぎゅむぎゅ

メンバーシップに加入するとアキロゼにむぎゅむぎゅしてもらえる。

めげない しょげない あきらめない

アキロゼが自分のポリシーの一つとしてよく口にする言葉。
ARKで全ロスしても、スプラで借金が増えようとも、アキロゼは決して腐ることなく常に前向きに努力を続け、周年イベントや長年の配信の中での苦悩や苦難に対しても諦めずに、目標を成し遂げてきた。
その精神は4thオリジナルソング「キミにまつわる運命事情」の歌詞にも取り入れられ、同じく頑張る人々への応援ソングとなっている。

モロライブ

VCR ARK参加初日から、出会った人々に挨拶代わりにとモザイクスキンを配り、混沌と笑いを振りまいていたムキロゼは、(仮にも)アイドル事務所であるホロライブの所属であることを隠し、モロライブ所属のムキロゼと名乗っていた。その後、ぶいすぽっ!の八雲べにや、にじさんじの本間ひまわりにもモザイクスキンが広がり、それぞれもろすぽ所属、もろさんじ所属となり3人の絆が生まれた。
ムキロゼが引き起こしたこの”モザイクパンデミック”は大きな話題となり、また新たな伝説となった。
広まったモザイクスキンはらいじんカンパニーの正装として取り入れられた。

やあ

ムキロゼの挨拶。

ホロARK鯖にマップ「LOST ISLAND」が実装され、ARKを新しくプレイするホロメンも多くいたタイミングで声帯手術によって配信を休養していたアキロゼがなんとか歓迎を示したいと、ムキロゼでホロメンの前に姿を現していた。
ホロメンが初めて「LOST ISLAND」に降り立つと、「やあ」の挨拶とともにどこからともなくムキロゼが現れ、最低限の支援物資を渡し去っていった。ホロメンの配信や楽しみを邪魔しないようにとの配慮からNPCのようなムーブを取っていたが、どのホロメンがどんな時間に初ログインしてもムキロゼは必ず現れ、テキストチャットのみのコミュニケーションも加わり、一部では「NPCムキロゼ」の存在が噂され、信じられていたとか。
声帯手術後の復帰配信ではNPCムキロゼの舞台裏を垣間見ることができる。

焼きリンゴ

ロゼ隊の中でも、アキロゼに恋焦がれたガチ恋のロゼ隊を、リンゴが焦がれた様子から、特に「焼きリンゴ」と呼ぶ。
VARKライブの際に鷹嶺ルイから提案され、その呼び名が決まった。

関連 ロゼ隊

やっちまったピーナッツ

ピーナッツの産地として有名な八街市(やちまたし)と「やっちまった」をかけた昭和のおやじギャグ。
主にアキロゼがPONをやらかした時に使われ、メンバーシップ限定スタンプまで用意されている。
スタンプを使う機会は……多い。
2022年最も使っていきたいワードとして流行らせようとしている。

リンゴ農家

アキロゼチャンネルでメンバーシップギフトを送ってくれた人のこと。

アキロゼのファンであるロゼ隊はリンゴの姿をしていることから、メンバーシップをギフトしてくれた人のことをリンゴを育てる農家になぞらえ、リンゴ農家と呼ぶようになった。
角巻わためのチャンネルでメンバーシップギフトを送ることを”毛刈り”と表現することが配信内の話題に出たのが決めたきっかけ。

アキロゼのファンネーム。
英語ではRosetaiとローマ字表記されることが多いが、RoseKnightsの呼称も持つように一応騎士である。
姿は配信の企画でリスナーからアイデアを募集してアキロゼによって決められた。赤いリンゴをモチーフに、騎士の仮面、青色の紳士の蝶ネクタイ、ASMRをイメージしてヘッドフォン、ジョブズの羽根を身に着けている。
なお、ガチ恋のロゼ隊は「焼きリンゴ」と呼ばれる。

関連 焼きリンゴ、ジョブズ

Twitter

ロゼニウム

アキロゼの配信を観ることで摂取する成分。
アキロゼの配信のお休みが続くと、ロゼ隊たちはロゼニウムが欠乏し、禁断症状が現れる。周年イベントの直前などに発症する例が多いが、必ず最高のロゼニウムが供給されるので、心配せずに落ち着いてアーカイブやロゼ隊たちのコミュニティでロゼニウムを補完摂取するとよい。

WAZ

アキロゼとAZKiのユニット名。
二人のジオゲッサーコラボにて決定した。二人とも頭文字が「A」であることからW(double)の「A」、複数形の~ズとAZKiの「Z」をかけ、WAZ(ワズ)と名付けられた。

目次